〇レーザの原理

当社は日本最大規模のレーザ加工設備と、長年にわたって蓄積されたレーザ加工ノウハウにより、お客様の技術的な課題を解決致します。レーザ加工ならではの高精度加工、高強度接合、超微細加工(微細穴あけ、微細溝加工、微細接合、微細切断等)を実現致します。研究開発・試作から量産まで承ります。レーザの原理にご興味がある方は、下記をご覧ください。

レーザとは(Laser)

「誘導放出による光の増幅」という英語の頭文字をとったものです。方向、位相、波長の揃った光源としての特長を持ち、加工等に使用することが出来ます。

Light
Amplification by 増幅
Stimulated 誘導
Emission of 放出
Radiation 放射
LASER
・目的に合わせて制御可能な新しい光源
・役に立つ新しい光とそれを作る装置

レーザ発振器の構成

光共振器
レーザ媒質とその両端にある鏡から構成されている。鏡は透過率100%と0.5~数%からなる反射鏡。

励起現象について

物質の原子
物質は原子の集まりです。この原子核とその周りを回っているいくつかの電子でできています。電子が原子核に最も近い軌道にあるとき、最も低いエネルギーを持ち、最も安定した状態にあります。この状態を「基底状態」といいます。
外部からの
エネルギーを吸収
電子が外部からのエネルギーを吸収すると、電子は安定した低い軌道から最も高い軌道に移ってしまいます。これを「励起現象」といいます。
光の自然放出
励起された状態の電子は不安定なので、電子は元の低い軌道である安定した状態に戻ります。これを遷移するといいます。遷移するときに余分なエネルギーに相当する光を放出します。これを「光の自然放出」といい、電球が光を発生する原理です。
レーザの装置で
考えてみると
レーザ発振器
外部からエネルギーのない状態ではレーザ媒質は安定しています。
レーザ発振器
励起源からエネルギーを与えられたレーザ媒質の中では原子の一部は励起状態となります。
レーザ発振器
励起状態は長く続かず、ある時間がたつと元の状態に戻ろうとして、一定の決まった波長の光を放出します。(光の自然放出)このとき放出された光は同じような遷移を誘発します。
レーザ発振器
最初に放出された光と誘発された光は、方向・位相・波長など全く同じ光となります。これが「誘導放出」と呼ばれる現象。
光の増幅
レーザ発振器
レーザ媒質の軸方向に誘導放出された光は光共振器の両端を行き来して進行を持ち、さらに光が増幅されます。これを「光の増幅」といいます。
レーザ光放出
レーザ発振器
光共振器の損失を上回る増幅が得られたとき、「レーザ光」として放出されます。この光は方向・位相・波長が揃った単一光なのです。

レーザの種類

レーザにはいくつかの種類があります。
発振波長によって異なりますが、主に次のようなレーザがあります。

●赤外線レーザ

CO2レーザ
YAGレーザ
半導体レーザ

●紫外線レーザ

エキシマレーザ

主要なレーザの発振波長

お問い合わせは
こちら
お電話はこちら
042-556-0611