〇電子ビームの原理

当社は日本最大規模の電子ビーム溶接(EBW)設備と、長年にわたって蓄積された加工ノウハウによりお客様の技術的な課題を解決致します。電子ビーム溶接(EBW)ならではの高強度接合、異種金属間接合(異材接合)、高反射材料(ステンレス・銅・アルミ等)や高融点金属(タングステン・タンタル等)の溶接、高精度加工を実現致します。

研究開発・試作から量産まで承ります。

電子ビームの原理にご興味がある方は、下記をご覧ください。

電子銃の中の陰極フィラメントを真空中で加熱することで、熱電子が連続的に放出されます。この熱電子が、電子銃陰極-陽極間にかけられた高電圧(60~150kV)による強力な電場で加速され、ビーム(電子の流れの束)となります。

この電子ビームを電磁コイルによる集束や偏向などの過程を経て溶接部へ衝突させると、電子の運動エネルギーは極めて短時間で熱エネルギーに変換され、この発熱により材料が溶融し溶接されます。

〇溶接の特長と主な用途

電子ビーム溶接の特長

  1. 高エネルギービーム熱源(アーク溶接の約1000倍)
  2. 幅の狭い深溶け込み溶接
  3. 低熱歪
  4. 異種金属溶接可能
  5. 真空中での溶接(母材および溶接部の酸化と窒化を抑制)
  6. コンタミネーション抑制
  7. 高信頼性繰り返し生産可能
  8. 偏向を利用した表面改質が可能

主な用途

●他の溶接法では困難なもの

タングステン、タンタルなどの高融点材料
銅+ステンレス、鉄+ステンレスなどの異種金属溶接

●溶接時の酸化が懸念されるもの

ニオブ、チタンなどの活性金属

●深溶けこみ溶接、細い溶接ビード、低歪溶接が可能

アルミ、銅などの熱伝導率の高い金属

●極細溶接ビード、低歪溶接が可能

センサー、ダイヤフラム部品

●高速溶接、深溶けこみ、低歪溶接が可能

ギヤなどの自動車部品

●高精度、低歪溶接、組立て溶接が可能

航空、宇宙部品
※MIL-W-46132(1)及びAMS2680の航空宇宙機械部品の資格認定済み
※クリーンブースを設置、清浄さの要求される製品にも対応できます

●気密性の高い溶接、深溶けこみ溶接が可能

真空チャンバー、圧力タンク等の大型構造物

●気密性の高い溶接、重ね溶接が可能

水冷ジャケットなどの冷却部品