〇溶接加工法比較

溶接加工(Welding)

2体の固体金属を短時間の間に高熱を加えて 金属学的に一体化する接合技術です。

特徴

【長所】

・鋳型、鋳造型が不要
・異種材料の組み合わせ可能
・肉厚、寸法上の制約がない

【短所】

・局部的な熱履歴による変形、残留応力
・溶接欠陥が生じやすい
・継手性能が技量に左右されやすい

TIG溶接と電子ビーム溶接の比較

TIG溶接
電子ビーム溶接

〇溶接形状

下図は溶接加工における、一般的な継手形状です。
構造物の種類と形状、材質を考慮して種々の形式が採用されます。
当社では、さまざまな業種のお客様からの加工実績とノウハウの蓄積により、材質や溶接形状の面からもご提案が可能です。
まずはご相談ください。