〇社員紹介

●T.E.B Keyword

『責任ある仕事に挑戦できる』

●東成エレクトロビームを選んだ理由

元々、機械加工をしたいと思っていたところ、ホームページを拝見して興味を持ちました。

●やりがいと苦労話、そして目標

やりがいは、お客様の立会いのもと、作業を行って上手くいった時に喜んでもらえることです。
その後、更に責任ある仕事を任せていただけることもあります。
立会いでお客様と親しくなり、『任せたよ!』と言っていただけると、とても嬉しいです。
しかし、作業がなかなか上手くいかず、時間ばかりが過ぎてしまう事もあり、それがつらいです。
そのようにならない為に一人で考え込まずに回りの意見を取り入れることも大事だと思います。
目標は、レーザ機器取扱技術者試験というものがあるので、その資格を取得したいです。

●学生のみなさんへ一言

この時期はとても大変だと思いますが、明るい未来の為に是非頑張ってください。

●T.E.B Keyword

『誠心誠意、最善を尽くす』

●東成エレクトロビームを選んだ理由

幼少期からミニ四駆が好きで遊んでいたのがきっかけで、ものづくりに興味を持ちました。
工業高校や専門学校へ進学し、就職活動中に東成エレクトロビームを知りました。
当社の事業のひとつである溶接に興味を持ち、採用に応募しました。

●やりがいと失敗談、そして目標

やりがいは、基本的に良品が当たり前なので会社としてはあまり良くない事ですが、不具合品を見つけた時です。
製品の欠陥というのは目で見えない小さな物が多いので、今まで見つけるのに時間がかかって苦労していたものが、 製品を良く知り、知識や経験を積み重ねることで素早く効率的に見つけることが出来るようになることが、ゲーム感覚と似ていて楽しいです。
失敗として、入社して一年が経った頃、製品検査の途中で別の製品の初品検査を頼まれ、その場を離れている間に製品が落ちてしまっていたということがありました。
落下が原因で不具合品となり、お客様はもちろん、社内の関係部署にも多大なる迷惑を掛けてしまいました。
入社一年ということで気が緩んでいたことが原因でした。その為、どんなに忙しくても一つ一つの作業を丁寧にやることが大事だと改めて実感しました。
目標は、量産品の自動検査化です。今まで人の目でしか識別できなかった不具合が機械の進歩により自動検査出来るようになっているので、それを導入して検査効率を向上させていきたいです。
過去のノウハウがないので苦戦しますが、時間をかけて良いものを作りたいです。

●学生のみなさんへ一言

当社は人から与えられた作業をひたすらこなす人よりも、自ら考えて行動できる人が求められています。
その為、年齢や学歴、在籍年数に関係なく、昇格や昇進することも可能なので、とてもやりがいがある職場だと思います。

●T.E.B Keyword

『ものづくりに特化している』

●東成エレクトロビームを選んだ理由

地元の企業で働きたいと思い、インターネットで企業を検索していた際、東成エレクトロビームのホームページを拝見しました。
学生の頃にアルバイトでものづくりに携わっていたため、メーカーに興味があり、当社の事業が気になりました。
ものづくりというと幅広い分野に渡りますが、当社の特徴であるジョブショップという事業形態について調べ、どのようなことをしているのかを知り、更に興味が沸きました。
会社説明会に参加し、福利厚生の点や社員の方同士の雰囲気が自分自身に近く、気さくにお話できることもわかり、当社の採用に応募しました。

●やりがいと失敗談、そして目標

忙しく仕事をしているときにやりがいを感じます。営業は覚えることがたくさんありますのでとても忙しいです。
製品の送り先を間違え、違う会社に送ってしまったこともあり、しっかりと確認することが大事だと改めて感じました。
また、電話対応では聞き間違いが多く、上手く取り次ぎが出来ずに失敗してしまい、大変ですが最近は少しずつ慣れてきました。
覚えることが苦手なので、メモをとって一回で吸収できるようになることが目標です。

●学生のみなさんへ一言

東成エレクトロビームはものづくりに貢献している会社です。
ものづくりに興味のある方、当社の雰囲気や仕事に関心がある方と是非一緒に働きたいです。
就職活動では、内定をいただくまで辛いことも多いと思いますが、諦めずに頑張って下さい。

●T.E.B Keyword

『団結力』

●東成エレクトロビームを選んだ理由

就職活動期に、卒業生による会社説明会で東成エレクトロビームのことを知りました。
お話を聞いて、良い雰囲気だという印象を受け、入社を決めました。

●やりがいと失敗談、そして目標

上司やお客様に、仕事の出来を褒められた時にやりがいを感じます。
苦労したことは、電話対応でした。入社直後、電話対応が苦手で会社名や名前を聞き取れなくて良く間違えていました。 電話の数をこなしたり、先輩にいろいろと教えてもらうことで慣れてきました。
また、仕事をしていて、連絡を頂けないことで自身が困ってしまったこともあり、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)がとても大切だと実感したこともあります。
目標は、前任者のような秘書になることです。
前任者は、予想外のことが起きても、慌てず、対応がいつも落ち着いている方で、そこに憧れています。
どんなことが起きても臨機応変に対応できるようになりたいです。

●学生のみなさんへ一言

社会人になるのは大変だと思います。
初めのうちは辞めたいと思うこともありますが、 仕事がわかってくるとやりがいを感じたり、給料を頂く楽しさも感じられるようになりますので、 是非頑張ってください。