レーザ加工、微細加工(微細穴あけ、微細溝加工、微細切断)は東成エレクトロビームへ

English
TOSEI ELECTROBEAM
動画コンテンツ一覧 ストリーミングFAQ
HOME 受託加工 エンジニアリング 製品開発 会社情報 お問合せ
受託加工 電子ビーム加工 特長と主な加工用途 材料別加工特性 当社の保有機械 加工動画 加工事例 溶接形状 他の溶接加工法との比較 ウォータージェット切断加工 検査について 破壊検査 非破壊検査 リークテスト
東成イービー東北株式会社
環境方針
受託加工 レーザ加工
レーザの原理

弊社は日本最大規模のレーザー加工設備(CO2レーザー、YAGレーザー、半導体レーザー、ディスクレーザー、エキシマレーザー、短パルスレーザー)と、長年に蓄積されたレーザー加工ノウハウにより、お客様の技術的な課題を解決致します。レーザー加工ならではの高精度加工、高強度接合、超微細加工(微細穴あけ、微細溝加工、微細接合、微細切断等)を実現致します。

研究開発・試作から量産まで、承ります。

レーザー加工事例(写真)はこちら、レーザ加工動画はこちら
レーザー加工に関するお問合せはこちらから、お気軽にお問合せ下さい。

レーザーの原理にご興味がある方は、下記をご覧ください。

レーザとは(Laser)
「誘導放出による光の増幅」という英語の頭文字をとったものです。方向、位相、波長の揃った光源としての特長を持ち、加工等に使用することが出来ます。

レーザの原理

励起現象とレーザ発掘器の原理

・レーザー発振器の原理 こちらへ
・励起現象について こちらへ

レーザの種類

レーザーにはいくつかの種類があります。
発振波長によって異なりますが、主に次のようなレーザーがあります。

●赤外線レーザ
CO2レーザー
YAGレーザー
半導体レーザー

●紫外線レーザー
エキシマレーザー


レーザ媒体と励起方法

レーザーは媒質の形態によって気体、固体、液体の3種に分類されます。 下の表は、市販されている主なレーザーの種類と媒質についてまとめたものです。この他にも研究開発中の短波長や新構造のレーザーがあります。

媒質
1.気体( CO2)
2.固体( Nd、YVO4)
3.液体
励起方法
1.CO2(低速、高速軸流、3軸直交、スラブ)
2.YAG(ランプ、LD)

レーザー発振器は、励起部と共振器で構成されています。励起には放電、ランプ、半導体などの様々な方法があり、共振器構造も様々です。それに伴いビーム品質、発振形態にも特長があります。
加工の現場においては、お客様の要求品質にマッチする装置選びが重要になってきます。

市販の代表的なレーザ

【参考文献】『レーザ工学 池田正幸編著 オーム社』

PAGE TOP

Copyright (C) 2005-2009 TOSEI ELECTROBEAM COMPANY LIMITED. All Rights Reserved. このサイトについて