電子ビーム溶接、異種金属溶接は、東成エレクトロビームへ

English
TOSEI ELECTROBEAM
動画コンテンツ一覧 ストリーミングFAQ
HOME 受託加工 エンジニアリング 製品開発 会社情報 お問合せ
受託加工 電子ビーム加工 電子ビームの原理 異種金属の溶接性 当社の保有機械 加工動画 レーザ加工 加工事例 溶接形状 他の溶接加工法との比較 ウォータージェット切断加工 検査について 破壊検査 非破壊検査 リークテスト
東成イービー東北株式会社
環境方針
受託加工 電子ビーム
溶接の特長と主な用途

電子ビーム溶接の特長

1.高エネルギービーム熱源(アーク溶接の約1000倍)
2.幅の狭い深溶け込み溶接
3.低熱歪
4.異種金属溶接可能
5.真空中での溶接(母材および溶接部の酸化と窒化を抑制)
6.コンタミネーション抑制
7.高信頼性繰り返し生産可能
8.偏向を利用した表面改質が可能

主な用途

●他の溶接法では困難なもの
タングステン、タンタルなどの高融点材料
銅+ステンレス、鉄+ステンレスなどの異種金属溶接

●溶接時の酸化が懸念されるもの
ニオブ、チタンなどの活性金属

●深溶けこみ溶接、細い溶接ビード、低歪溶接が可能
アルミ、銅などの熱伝導率の高い金属

●極細溶接ビード、低歪溶接が可能
センサー、ダイヤフラム部品

●高速溶接、深溶けこみ、低歪溶接が可能
ギヤなどの自動車部品

●高精度、低歪溶接、組立て溶接が可能
航空、宇宙部品
※クリーンブースを設置、清浄さの要求される製品にも対応できます

●気密性の高い溶接、深溶けこみ溶接が可能
真空チャンバー、圧力タンク等の大型構造物

●気密性の高い溶接、重ね溶接が可能
水冷ジャケットなどの冷却部品
※MIL-W-46132(1)及びAMS2680の航空宇宙機械部品の資格認定済み

PAGE TOP

Copyright (C) 2005-2009 TOSEI ELECTROBEAM COMPANY LIMITED. All Rights Reserved. このサイトについて